看護のお仕事








全国各地に支店がある『全国対応』のサービス・全国どちらにお住まいの方でもサポート可能



各地域ごとに医療業界を熟知した専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案



働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント多数開催












看護のお仕事 詳細はこちら





























ナース人材バンク

















ナース人材バンク







年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス が運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ









ナース人材バンク 詳細はこちら
















ジョブメドレー








医療介護に特化した求人を展開するメドレーが運営する看護師転職サイト



自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能



都心転職だけではなく地方転職求人にも強い












ジョブメドレー 詳細はこちら
















ナースではたらこ







東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援










ナースではたらこ 詳細はこちら

















マイナビ看護師







株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり








マイナビ看護師 詳細はこちら












パソナメディカル








医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実









パソナメディカル 詳細はこちら














ナースパワー人材センター









看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評












ナースパワー人材センター 詳細はこちら






























































































































































看護師転職 ライブラリー2021

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、ここ数年、オンラインサービスの使用がマジョリティと言えるようになってきました。
看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、金銭的な負担もなく、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を確認することができるのです。
職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多くの情報を比較することがポイントになりますから、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

 

 

 

転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。けれども、努力して看護師資格をゲットしたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全然違う職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。ナースが仕事を変える時のステップとしては、勤労条件についての要望を始めにリストアップするのがよいでしょう。夜間に働くのは避けたい、オフはたくさんあるのがいい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、リクエストには個性があります。看護職員の価値は市場では高い状態なので、条件のそぐわない勤務先で我慢して勤める必要はないのです。

 

 

 

看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。
看護職員の価値は市場では依然高いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。

 

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、就職情報が活気付いてくるまで経過を見守るのが望ましいです。

 

 

 

育児のために転職する看護師も少なくありません。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いですよね。
育児の間のみ看護師をお休みするという人もいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を有効利用できる別の職を探してみましょう。

 

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係といった人が多くいます。

 

 

 

女の人が大半を占める職場ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。
その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する発端となる人も少なくありません。

 

ひどい環境を我慢して働くと、健康を損ないますから、すぐに転職した方が良いでしょう。一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。

 

 

 

面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護スタッフが足りない状況にも関わらずご縁がなかったということにもなるのです。

 

当然のことながら、待遇が良い勤務先は応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

 

 

看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが応募理由です。

 

 

 

何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、やりがいを求めているような応募理由のほうが受かりやすいものです。
看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。この場合は、仕事を変えたい本当の訳をわざわざ報告するにはおよびませんから、建設的にキャリアを積もうとしているということを答えられるようにしておいてください。看護師が転職する時のポイントは、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。そして、3ヶ月は使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。急いで転職してしまうと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。以上から、自らの希望の条件を明確にしておきましょう。

 

もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。
看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には紹介されないことが多数あります。

 

 

 

しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、気になる組織風土などが確認できたりします。

 

 

 

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを間に入って話してくれる場合もあります。看護師のためだけの転職サイトには、祝い金を出してくれるサイトがあります。転職してお金を受け取れるなんてハッピーですよね。
けれども、祝い金を出してもらうためには条件がないことは少ないので、申し込みの前に確認をしておくようにした方がよいでしょう。

 

 

そして、祝い金のないサイトの方が充実のサービスな場合があります。

 

自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世間にはいます。

 

スキルを高めることで、高収入を狙うこともできます。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分がぴったりだと感じるところを探してみることは重要です。内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が合うという人も存在するので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。
看護師であっても転職している回数が少なくないとマイナス評価となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。
自己PRの方法を工夫すれば、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを持ってもらうことも可能です。
けれども、働いている年数があまりにも短いと、採用後、すぐやめると思ってしまう場合も少なくないでしょう。結婚のタイミングで転職してしまう看護師もかなりの数います。

 

 

 

配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良い選択でしょう。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をしておくと生活に余裕ができますね。イライラしがちだと子どもを授かりにくくなるので、注意するようにしてください。