看護のお仕事








全国各地に支店がある『全国対応』のサービス・全国どちらにお住まいの方でもサポート可能



各地域ごとに医療業界を熟知した専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案



働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント多数開催












看護のお仕事 詳細はこちら





























ナース人材バンク

















ナース人材バンク







年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス が運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ









ナース人材バンク 詳細はこちら
















ジョブメドレー








医療介護に特化した求人を展開するメドレーが運営する看護師転職サイト



自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能



都心転職だけではなく地方転職求人にも強い












ジョブメドレー 詳細はこちら
















ナースではたらこ







東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援










ナースではたらこ 詳細はこちら

















マイナビ看護師







株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり








マイナビ看護師 詳細はこちら












パソナメディカル








医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実









パソナメディカル 詳細はこちら














ナースパワー人材センター









看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評












ナースパワー人材センター 詳細はこちら






























































































































































看護師転職サイト ナースキャスト2021

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、はじめにどのような労働条件を求めているかをはっきりさせておきましょう。夜間に働くのは避けたい、充分な休みが欲しい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。
看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。
自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。

 

看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。
看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。

 

 

 

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。面接者の評価が良くなければ、看護スタッフが足りない状況にも関わらずご縁がなかったということにもなるのです。

 

 

言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志願者数も多く競争率があがりますので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接試験に行くようにしてください。

 

 

TPOに配慮した品のある服を選んで、元気にレスポンスすることを心がけてください。

 

 

 

やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、確実にそうであるとは限りません。
自己PRのやり方次第では、意欲と経験があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。そうは言っても、勤務期間があまりにも短い場合は、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう可能性が出てきます。

 

あと、結婚するときに転職しようとする看護師も少なくありません。
配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を選択した方がいいでしょう。

 

 

 

いずれ育児をする気であれば、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をすると生活しやすいですね。

 

ストレスが蓄積されていると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。
看護師の転職しようとする動機としては、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

 

 

 

女性がたくさんいる職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

 

その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する発端となる人も少なくありません。厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を害してしまいますので、できるだけ早く転職すべきです。看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。
すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで控えるのがよいでしょう。

 

 

 

よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。

 

 

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、積極的な姿勢で求職していることを告げるようにして下さい。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが申込理由です。どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募理由のほうが受かりやすいものです。
子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが見つかると良いですね。

 

子育ての期間だけ看護師を休業するという人もたくさんいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を有効利用できる別の職を見つけた方がいいでしょう。
看護師の転職の技としては、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。それに、3ヶ月ぐらいは使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。

 

 

 

急いで決めた仕事だと、再びやめることになる場合もあるので、自分の条件に合う職場をじっくりと見つけましょう。
このため、自らの条件をハッキリさせることが重要です。

 

看護職の人がジョブチェンジするやり方は、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが多数派になってきました。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、支払いは発生しませんし、どこにいても好きな時に募集案件を閲覧できます。

 

今よりよい仕事に就くためには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。看護師の人が転職する時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

しかし、大変な思いをして看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。

 

 

 

全然異なった職種だとしても、有利となる職場はいくつも存在します。大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

 

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにした方が吉です。それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実のサービスな場合があります。

 

ナースが仕事を変えよう思うときは、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には出てこない案件もたくさんあります。
一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、求人元を「気風」という点からも検討できます。言いにくい待遇などの条件のすり合わせをしてもらえるケースもみられます。