看護のお仕事








全国各地に支店がある『全国対応』のサービス・全国どちらにお住まいの方でもサポート可能



各地域ごとに医療業界を熟知した専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案



働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント多数開催












看護のお仕事 詳細はこちら





























ナース人材バンク

















ナース人材バンク







年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス が運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ









ナース人材バンク 詳細はこちら
















ジョブメドレー








医療介護に特化した求人を展開するメドレーが運営する看護師転職サイト



自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能



都心転職だけではなく地方転職求人にも強い












ジョブメドレー 詳細はこちら
















ナースではたらこ







東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援










ナースではたらこ 詳細はこちら

















マイナビ看護師







株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり








マイナビ看護師 詳細はこちら












パソナメディカル








医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実









パソナメディカル 詳細はこちら














ナースパワー人材センター









看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評












ナースパワー人材センター 詳細はこちら






























































































































































看護師転職 特典窓口

あと、結婚するときに転職しようとする看護師も少なくありません。パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を検討すべきでしょう。

 

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。イライラが溜まっていると子どもがなかなかできなくなってしまうので、注意しましょう。他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると悪いイメージにつながるかというと、そうとは限りません。自己PRをうまくできれば、意欲的で経験を持っているというイメージを与えられるかもしれません。しかし、勤務の期間があまりにも短い場合は、採用後、すぐやめると思ってしまう場合も少なくないでしょう。

 

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には出てこない案件も少なくありません。

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、求人元を「気風」という点からも検討できます。言いにくい待遇などの条件のすり合わせをお願いできる所も少なくありません。キャリアアップを目指して転職を考える看護師も少なくありません。

 

看護師としての腕を上げることで、高収入を狙うこともできます。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が合うという人も存在するので、自ら進んで転職していくのもアリですね。看護職の人がジョブチェンジするやり方は、今はネットサービスを役立てるのが過半数を占める勢いです。

 

看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを閲覧できます。よいジョブチェンジを実現するには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。
看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、転職情報が多くなる時まで静観することを推奨します。
一般的に看護師が転職する要因は、人間関係といった人が多くいます。女の人が大半を占める職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

 

その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する動機となってしまう人もいます。つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、健康を害してしまいますので、できるだけ早く転職すべきです。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。
看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、昼間のみの勤務だったり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが良いでしょう。
子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人も多いですが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

 

 

 

更に、3ヶ月は利用して注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

 

先走って次の仕事へ行くと、新たな仕事もまた辞めかねないので、希望した条件を満たす職場を丁寧に探しましょう。このため、自らの条件を明確にしておきましょう。

 

実際、看護師専用の転職サイトには、お祝い金を受け取れるサイトがあります。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてラッキーですよね。ですが、お祝い金を出してもらうための条件がほとんどの場合にありますから、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにしましょう。

 

 

 

また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサポートが良いこともあります。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。面接担当者に嫌われると、看護職員不足であるにもかかわらず選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。
言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと応募者数も多くなりますから、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、ステップアップと説明するのが良策です。以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。

 

それがいくら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。

 

 

看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を言語化できるようにしておきたいものです。ナイトナースはできない、プライベートの時間は十分確保したい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、条件のそぐわない勤務先で我慢して勤める必要はないのです。転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。
ですが、苦しみながら看護師資格を得ることができたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。

 

 

全く異なる職種だとしても、有利となる職場は少なくありません。
一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。

 

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望の理由付けです。

 

どういう理由でその勤務先を希望しているのかを肯定的な雰囲気で表明するのは容易ではありません。
給与アップ、休日が増える等の待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。